イオンモール熱田 富士の国やまなしフェア に行ってきました。

9月16日愛知県熱田にある「イオンモール熱田」での富士の国やまなしフェア に行ってきました、このイベントは今年が初めて、今まで千葉県柏のイオンモールでのみで行ってきたものを中京の名古屋まで広げ富士の国やまなしフェアーで山梨県を売り込もうと県観光部が企画したものです、このイオンモール熱田は年間1100万人のお客様が来られる大きな店舗、当日は約4万人の集客予定とのことで正面イベントホールは多くの方でごった返していました、今日は知事と私で抽選会を行い葡萄のプレゼント、貰った方々はさらにおいしい新鮮なフルーツを求めて来県されるでしょう「損して得取れ」は日本人とユダヤ人にしかない商売の極意、これから山梨県がさらに繁盛するよう議会、執行部一丸となって頑張っていきます。

IMG_9762
IMG_9762
IMG_9762
IMG_9762

 

 

山梨県体育祭り総合開会式。

9月15日平成30年度山梨県体育祭り総合開会式が開催されました、会場には各市町村体育協会の方々や体育功労の皆様また国体や世界大会などで顕著な成績をおさめた方が大勢ご参集の中で盛大に開催されました、個人はもとより市町村の威信をかけ常日頃の練習の成果をいかんなく発揮し優勝を目指して頑張っていただきたいと思います。

IMG_9716
IMG_9716
IMG_9716
IMG_9716

富士河口湖ディスクドックオープン戦

9月月15日ディスクドックの聖地河口湖においてNDAディスクドックオープン戦が開催されました、この大会は全国各地で行われているNDAが開催する大会の一つ、本来ですともっと多くこの地で大会をしたいのですがここは聖地として「安売りはしない」シーズン最後のチャンピオンシップ日本一決定戦と9月のオープン戦のみ。と言ってもこの大会も3連休で400組くらいの方々が全国から集まり熱戦を繰り返す大きな大会、これからさらにディスクドック盛んになり皆様に認知されるよう我々も努力してまいります。

IMG_9702
IMG_9702
IMG_9702

 

東京オリパラ山梨県実行委員会設立総会が開催されました。

9月13日東京オリパラ山梨県実行委員会設立総会が甲府富士屋ホテルで開催されました、会場には多くの市町村長さんや関係する企業・団体の皆様方が一堂に会し、盛会のうちに終了しました。山梨県にとっては千載一遇のチャンスこの機に東京隣接地として緑滴る観光地として世界に売り出す絶好のタイミング・機会です、そのためにはオール山梨での協力が必要です。事前合宿がないからと言って「わが市は関係ない」ではなく聖火リレーをいかに呼び込みレジェンドとして地域の振興、スポーツ、健康の増進に役に立てるべきです、皆様のご協力をお願いいたします。

IMG_9669
IMG_9669
IMG_9669
IMG_9669
IMG_9669
IMG_9669

 

議長辞職に対する記者会見。

9月12日議長辞職に関する記者会見を行いました、カメラが何台も入り新聞各社も勢ぞろいでの物々しい会見です。20分程の私の説明に続き数名の記者からの質問でしたが皆さんだいたい同じような質問「なぜこんなに早くやめるのか」「次も最大会派がとるのか」等々、くだらない質問ばかりもっと建設的な質問はないものかと思ったのは私ばかりではないと思います。議長の任期は地方自治法で4年以内と定められていますが都道府県議会で4年通して同じ議員が議長がを務めている議会は稀です、なぜかというと数万票から数十万票という大きなふたくに答える都道府県議会議員ですから優秀な方々が多く更にその発想も様々あり一人で通しで担うより色々な考え方や発想を取り込むことの方がよりベターである、との考え方にあると思います。私の考えも全く同じで1年・2年・3年・4年と、ろくなことをせずに議長が回ってきたからと言ってだらだら行うより期間を自身で決めて約束したことを完遂する、そして約束を果たしたら次の優秀な議長に道を譲り新たなビジョンとリーダーシップで議会をよい方向に導く、これこそ理想でしょう、ここ数年山梨県議会は立候補制とまでは言いませんがそれに類似した方法をとっています、議長選挙では立候補に際して「所信を各候補が述べる」こととしています、ですからその議長候補がどんなことを考え、何をしようとするのか一目瞭然であり、他の候補と比べることができ、その後場所を議場に移して投票となります、議長選びの多様性と申しますか前回の議長選では共産党の議員に2票入ったことや所信表明していない方に票が入ったことからもわかるように、選択の幅が以前に比べて増えたこと、また所信で候補が議員の皆様に公約として約束したことの責任は以前にもまして重要となってきます、と言っても歴代山梨県議会は議長公約などありませんでしたから、今の議会はある面「進歩した」ということでしょう。今回私はいくつかの公約とそれに付随することを所信表明時に提示させていただきそれを完遂させました、本来ですと6月くらいには終わらせ後進に道を譲ろうと考えていましたが私の力不足で9月までかかってしまいました、県民の皆様にお詫びしたい気持ちでいっぱいです、また選挙ですし公約を提示しての立候補ですから誰が選ばれるかわからないのが今の山梨県議会議長選挙です、先ほども申し上げましたが過去にはない前代未聞なことが起きていることからも次もどよようになるか見当がつきません、ただイデオロギーの違う方々やマスメディヤはすんなり行くと面白くなく県民の注意を引くことができなからいつものごとく騒ぎ立てる、まったくくだらない。ちなみに議長が早く交代しても財政的には何の損失もなく県財政には迷惑をかけていないことを追記しておきます。

IMG_9630
IMG_9630

山梨県議会私学振興議員懇話会が開催されました。

9月12日山梨県議会私学振興議員懇話会が開催されました、この会は私立の幼稚園から大学までの学校経営者の方々と県議会議員有志が志を一にして私学振興のために見聞を広げ建学の精神宜しく、もって山梨県の学力アップを期す、そのためには公私比率の是正や補助、交付とうの助成をさらに強化する等々といったものです、これからさらに少子化が進み公立私立を問わず学校経営は厳しさを増すものと考えます、その時生き残り国の基盤である教育をつかさどれるのは、またさてさて公立なのでしょうか私立なのでしょうか。

IMG_9627
IMG_9627

山梨県議会改革検討協議会 が開催されました。

9月12日議会改革検討委員会が開催され来年度改選期からタブレットを使ったペーパレス化を目指して議会として取り組むことが了承されました。来年度に向けて11月までに機種選定とアプリケーション及びWi-Fiの整備の在り方を検討・決定、新年度予算として執行部に予算要求することも決定しました。まだまだ県議会はアナログの方々多くおられ抵抗もあったわけですが中村委員長をはじめとする専門部会の皆様のご協力があって今日の日を迎えることができました感謝申し上げます。

IMG_9621
IMG_9621

法制能力強化のための議員研修が開催されました。

9月12日山梨県議会法制能力強化のための議員研修会が大東文化大学浅野副学長をお招きする中で行われました、この勉強会は私の公約の一つで「山梨県議会の法制能力の強化」を目的とする講演会です、少し前には議会事務局がまた違う方の指導を受け、議会は今日元衆議院法制局出身の浅野先生からの直接指導でした。山梨県議会はここ六年程前から議員発議の条例や政策提言を数多く提出するようになり真に喜ばしいことではありますが実情は「議員は議会事務局員の力を借り」また「吏員は執行部の力を借りる」代表質問や一般質問もまったく同じくであり極めて恥ずかしい限りであります、こういったことでは「ダメだ」というのが私のポリシーであり、ここにメスを入れようと考えたのであります。変化には時間もかかりますがこれから二元代表制を担う議会として力をつけていきしっかり県民のふたくに答え職責を全うしていきます。

IMG_9573
IMG_9573
IMG_9573

山梨県議会各会派代表者会議並びに議会運営委員会。

9月12日議会運営委員会と各会派代表者会議か開催されました、主たるところは私の議長辞任の件と9月定例議会の流れについての協議です。議運では中村議会運営委員会委員長の案が了承され9月定例議会冒頭で議会辞任の件を日程に追加し採決の後、新議長の選挙となることが了承されました。

IMG_9607
IMG_9607
IMG_9607

 

富士山観光及び富士五湖観光に危機感を覚える。

富士山の山梨県側ルート富士スバルラインが9月10日でマイカー規制が終了した、このことは実質的な山じまいを意味する。今年のマイカー規制期間は昨年同様の63日間、昨年のマイカー規制期間決定に際し地元観光業者からは「マイカー規制の延長は富士五湖観光に悪影響を及ぼす」「期間延長の風評被害で富士五湖観光に来られる日本人観光客が激減する」との声が聞こえた、しかし期間を決定する「適正利用会議」では富士吉田市長一派主導による期間延長が幅を利かせ県観光部・富士河口湖・鳴沢の意見には耳を傾けず63日間に延長する案が採決された、さて期間延長された年はさほどの影響はなかったものの、今年はその影響がジワリジワリ出始めてきた(県発表の国内観光客の減)また、今年はの富士山登山者も前年対比10.3%減の17万6684人であった、来訪者が減るとその要因について新聞等のインタビューでよくある回答が「天候と休日の配列」であるが、天候の悪い日は毎年あるのであって休日の良い配列だからと言って急に10%も増えることはない。観光で生計を立てている、若しくは、そこに従事している方の割合が高い地域は死活問題のはずであるが当時反対した両町村長以外の首長さんはあまり理解されていないようで歯がゆい。

平成27年山梨県の個人所得第1位 は忍野村 484万7859円  2位は 昭和町 338万1046円  3位 は富士河口湖町 327万2316円  4位は 山中湖村 322万7356円  5位 は甲府市 318万601円  6位 は富士吉田市 302万5264円であった。

この数年前は富士吉田市が8位、道志村が5位であった。ここから読み取れることは忍野村と昭和町並び甲府市は企業依存によって高収入であるが、その他は基幹産業である観光産業の繁盛ぶりが個人所得に結び付いていると思える、数年前の道志村の第5位からも推定できる。道志村が下落した要因はここのところ誘客の方向性が変わってきたこと、富士吉田市が上位にランクされてきたことは漁夫の利(山中湖・忍野と富士河口湖間との利)とで観光客が道の駅周辺で増加していること、タイランド等アセアン地域から来られるインバウンドが増えている(忠霊塔)ことが考えられる。

※北海道胆振東部地震最大の観光産業に対する危険要因。

北海道は外国人観光客がトップクラス(第2位)を常にキープしている国内きっての観光地であるが過般の地震災害の風評被害は避けられないと考える、東北6県と新潟を足した面積を持つ一大観光地で起きた災害は道央のほんの一部分である、しかしその風評は広大な北海道全域に及ぶ、これと同様なことが富士五湖観光に起きていることに気が付くべきである、63日間にマイカー規制を延長に賛同された方々は「富士山登山客のこと」「富士五湖観光や富士吉田の道の駅は関係ない」と、しかし本当に言い切ることが出来るだろうか。

広域的みて「地場産業・基幹産業」である観光産業を協力して繁盛させなくてはならない、美辞麗句や独りよがりは地域発展を阻害すると言いたい。

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック